FC2ブログ

小さな奇跡

覚悟はしていたけど
実際に命の期限を聞かされると、目の前が真っ暗になるもんだ

どうしようもない悲しみが襲ってくる

7月から入院中のゴリちゃん ・・・
今月26日で76歳になる
「この日に死のうと思う!」と数日前にいきなりの予告
叔母と私はびっくり

「どうした?生きるのが辛くなったかぃ?」

「辛くないけど、飽きた!仕事ができないんだもん、つまらない!」

「そっかぁ どうして26日なん?」

「今までと体が違う、今までは頑張れば何とかなるかな~って思ったけど、昨日今日で完全にダメになったのが分かったから
ちょうど誕生日で終わりにしたい」

「そっか、お母さんがそうに言うなら、そうなのかもね
じゃっ!お兄ちゃんに迎えに来てもらおうね」

「ともゆきが迎えに来てくれるんかね♪ あ~うれしぃ」

「うん、お兄ちゃんはあの世で大出世して、もの凄い綺麗な姿で
お母さんを迎えに来るよ、夢に見たから間違いない
あの姿をみたら、お母さん喜んで着いて行くと思う♪
そしたら振り返らないで 行くんだよ」

「わかった! 楽しみ~」

「でもさ!あたし お盆は阿波踊りに行くからさ、そのあと葬式ってのも
忙しいから、9月まで頑張ってくれると、あたし楽なんだけど、どうよ?」

「ん~~~ 頑張ってみるけど、約束はできないな」

 

泣き笑いの会話だった 

その後 主治医の先生に呼ばれて話を聞いた
もってあと1、2か月
腫瘍が呼吸を止めてしまうらしい

話を聞きながら
あ~ 奇跡なんておきなかったな・・・と心の声

そう思った直後、先生がこんな事を言った
でもね、娘さん! お母さんの今の状態で、全くボケもなく
痛みがないのは奇跡なんですよ
もう脳全体が腫れあがって隙間がなく、シワものびてしまっている状態でね、普通なら完全に認知の症状がでて、痛みが半端ないはずなんですよ!こんな人見たことないです。奇跡ですよ

この言葉を聞いた時
あ~ やっぱり奇跡はおこっていたんだ 
そうだね!まだしっかりしていて、痛みがないと言う事
本当にありがたい 祈り 

このまま痛み知らずで、お兄ちゃんにバトンタッチできる事だけを祈ろう

突然ね急に怖くなって涙がでる時があるけど
それは仕方ない事だよね
だって、大好きな母親の命が終わろうとしているんだもん
そりゃぁ 怖いよ 

そんな時は我慢しないで泣いちゃおうと決めた

でも、私は元気ですよん
仕事も戻ってきてから 楽しくしてる 

今日も一日頑張ろう!!

ちいさな奇跡が続きますように・・・ 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベリー

Author:ベリー
海を見ながら生活したいと
2006年10月12日!
群馬県から長崎県へ移住
軍艦島を望む絶景のサロン
【癒しの空間 楽や】
スウェディッシュオイルトリートメントと足圧!一度体験してみてください

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ