FC2ブログ

お片付け

 先日群馬に行ってきた
夕方、群馬の家に着く・・・ひろーい庭が草ぼうぼう(*_*;
朝4時半に起きて草むしりを始めた

2時間ほど頑張って、体はもうバテバテ(..)
今日はこのくらいでやめておいて、また明日の朝だな!と思った時に

朝のお散歩で通りがかった82歳の女性が庭に入ってきた

「あら~娘さんじゃないのー!!」

ゴリのお客様だ

私は15年ぶりの再会

不思議なもので、顔をみて話を始めたら名前がちゃんとでてくるのね

「○○さん全然変わらなくて、お元気ですねー」との言葉に

名前を覚えていてくれて嬉しいと、草むしりを手伝ってくれた 1時間も^^

田舎って、こうなんだねぇ

体は疲れ果てて悲鳴をあげていたんだけど、
人の有難さに感謝しながら、草をわしゃわしゃむしった(^^)


次の日の朝も5時から8時まで、草と格闘
その後は屋根に上って、外れた雨どいをつなぐ・・・
女がやる事ではないが、私しかいなので頑張った(^^)v


先月から、業者に入ってもらって
家の中を空にする作業に入った

まずは、一番先にゴリの仕事場だった広い美容室を空にした

皆さんが帰り、一人になって何もなくなった空の部屋を見て涙が流れた

ゴリが一番好きだった場所

一番輝いていた場所☆

二人で毎日笑って仕事したっけ・・・などと考えだしたら
号泣しそうになってので、

( 一一) いかん!いかん!と、その場をた立ち去った

病院に行って、意識のないゴリに報告

「お店はきれいに空になったからね!

明日はあんたの洋服もパンツ一つ残さず処分するよ♪」

容赦ないベリー


普通は亡くなって、納骨や一年忌でも終えたら片付けするんだろうけど

そんなの、また悲しみが押し寄せてくるだけだから

先に片付ける事にした


そして、仏壇も処分する事にしたから

親友のお兄さんがお坊さんなので「魂抜き」をして頂き

6個あったお位牌は持っていってもらい

兄と父のだけ、で連名一つに作り直してもらい

あとの4つのお位牌は処分して頂くようお願いした


ゴリが入院してから、仏壇が放置状態になるのが

ずっと気になっていたから、これでやっと落ち着いた

仏壇の扉を閉めた。。。

IMG_1097.jpg


3泊4日の群馬は、やらなければならない事がいっぱい

睡眠時間なんて3泊たして10時間程だと思う

でも、親友との楽しい時間もある♪


ゴリは相変わらず 寝てるだけ
また痩せた

どこまで小さくなるのだろう

最近は胸をトントンしながら、子守歌をうたってあげる


今日はゴリの77歳の誕生日☆彡

去年自分の誕生日に死ぬと宣言してから1年たっちゃったじゃんね

ありえん((+_+))


次回は10月1日から群馬・・・もつかなぁ





胸騒ぎ

私の群馬に住む76歳の母 
去年の7月から入院していて、もって2か月と宣告されてから

まだもっている・・・

74歳まで 病気一つした事なく
とにかく元気で若く 誰もが100歳まで生きると思っていた


今 意識がほとんどない状態のゴリ(母)

あんなに元気だった人間がこんな事になるなんて・・・


あ~

そうなんだ

だからなんだね 


群馬にいる時も、長崎に引っ越して来てからも
凄く、ゴリを大切にしてきた

どこにでも連れていき 美味しいものを食べさせ、洋服も靴も
何も困らぬよう
ゴリが喜ぶことは何でもしてきてあげた



今思うと、ゴリとの別れが思ったより早い事がわかっていたのかもしれない

前のブログにも ハッキリそうに言葉にしてあった
http://rakuya1.blog.fc2.com/blog-entry-3.html



いつもね ゴリと別れてからの大村空港の帰り道は
涙が止まらなかった
何故 あれほどまでに悲しいのか

馬鹿みたいに元気に帰っていくゴリの後ろ姿を見送りながら

心の中で

どうか、どうか またあの人に会えますように・・・祈らずにはいられなかった


胸騒ぎってやつだったんだね


来週、またゴリに会いに群馬に行く

もう目をあけてはくれないと思う

耳は聞こえているらしい・・・

な~んか面白い事いっぱい言ってみよっ♪





三途の川で水遊び

入院中でしかも天国の入り口の「三途の川」でポチャポチャ水遊びを

しているかのような状態のゴリ(おかん)
意識はもうほとんど無いかな
でもたまーに、ほんの一瞬目をあく
ビックリして「わかる?」と聞いても返事はなく、また寝てしまう
全く起きないゴリを見ていると、おばーちゃんの人形に見えたりする

どんな世界なんだろう
もう私とは違う世界に入ってしまったのだと諦めがつく

3ヶ月前、三途の川が濁っていて周りの花も蕾だとゴリが言っていたけど

もう花が咲いて 川も澄んできたのかな・・・

毎月群馬に戻る度に、沢山すべき事があって
1分たりとも時間に余裕がなかった
けどさ、その山積みの仕事がやっと終わった

なので、ちょっと時間ができたの♪

お洒落になった高崎駅周辺を歩いてみたり
お昼のランチにゆっくり時間をとったり

そして、凄く美味しいお店を見つけた(^_-)-☆
後日 紹介しましょ♪



延命治療と安楽死

日本はどうして安楽死が許されないのか・・・


先月 群馬のゴリに会いに行ってから
この一か月 本当にずーーーっと苦しい

結局 鼻からの胃婁になってしまった
私は去年の8月から延命治療は一切断ってきた
それは私と母とが決めたことだ
延命治療ではない!と医師は言うが
結果的には どうみても延命治療だ

死んで欲しいとは思っていない、大好きな母親だ
でも もう終わりにしたい 楽にしてあげたい

安楽死という選択肢があるなら、迷わず選ぶのに・・・

一人でいると、いつも目に涙がたまっている
流れないで モヤモヤしている
仕事をしている時とダーリン、ミルキーといる時は大丈夫(^^)v
でも、ちょっとでも一人になると
ゴリの事を考えて 常に涙がたまる


また19日から群馬に行く
先月は ちょうど大雪の時だった
また関東の㈫は雪マーク・・・

寒い大きな家に一人でいると心が折れてしまう

ホテルに泊まろう

もってます

4日間、群馬のゴリ(おかん)に会ってきた

最近はあの世とこの世を行ったり来たりしているみたい

あの世には私より3歳上の兄がいる
16歳の時にバイクの事故で、逝ってしまったゴリの最愛の息子

寝ると兄が様子を見に来て話をするらしい
これが、凄く楽しいのだとか 
目がさめると、病院のベッドの上で
な~んだ まだ死んでないのかっ と、がっかりするらしい

25日ぶりのゴリは また痩せていた
点滴もしていない、血管が弱くなっていてもれてしまう
3食の少量のおかゆだけでもっている状態

でもね、結構これが元気でね
相変わらずふざけた女だなぁ・・・・・・って、笑ってしまう事ばかりだ

例えばね
私が喉飴がなめたくなって、バックをゴソゴソしていたら
ゴリが顔をあげて、こっちを見る

何してるん?

あー喉がガラガラするから飴を探してるんさ

無言で手をのばして「ちょうだい」をしてくる

何?飴なめんの?

うん

へ~♪ じゃ♪ おひとつどうぞ と口に入れてあげた

ハッカの味だね!いつも由美の飴は辛くて美味しくないけど
今日のは甘い


よく 解るね! そう今日のは甘いんだよ

そう説明しながら、私も自分の口に飴を放り込んだ
その瞬間

あーもったいない!! あたしの飴が残るのに

は~? あんたのなめてる飴をあたしにくれるの?なめろって?

うん♪ だって最後までなめられない

バカじゃないのっ
あんたのその病人のなめかけの飴なんか、なめられる訳ないじゃん

その水道でちょっと洗えばいんだよ

じゃあ聞くけど、今あたしのなめてる飴 お母さんにあげるって言ったらなめる?

いやだよぉ 汚い 

だから、そういう事なんだよ 相変わらずふざけた女だねぇ(笑)

二人でゲラゲラ笑ってしまった

とてもまだ死にそうにない・・・でも やっぱり死んじゃうらしい
本人は29日に死ぬからね!と、また宣言してるけど
今月はもつんじゃないかな

とりあえず、今日のゴリは元気です 


 

さすがゴリ・・・

もって、あと1か月ちょいと、命の期限を宣告されたゴリ(おかん)
本人は今月26日で死ぬと宣言


その宣言から10日たった

寝たきりになったはずのゴリが
またリハビリに行っているという
もう、ベッドから起き上がる事はないだろうと思われていたのに
リハビリって・・・

昨日の夕方もびっくりする事が
私の携帯が鳴る
えっexclamation ゴリからじゃん
スマホなんてもう持てないはずじゃないのか・・・

恐る恐る でてみた
もしもし?

あ~~~ 間違えちゃったから切るね~

(^_^;)本人だ しかも元気

切るって、いいじゃん!切らなくても!せっかく声が聴けたんだから!!

だって、別に用がないじゃん 間違えただけだし

・・・・・用がないって!もうすぐ死んじゃう人間の言う事かっ

友達にかけるはずが私にかけてしまったらしい
とりあえず3分程話した 阿波踊りを楽しむよう言われた

電話の後ダーリンが

もうすぐ死んじゃう奴がスマホなんか使えるわけねーだろっ!

確かに(-_-)


よくわからない・・・ あまりにもゴリが普通・・・どうなってんのかな

こっちは明日から2泊徳島の阿波踊り
そのまま群馬に向かうから「喪服」を用意して車に積んだ所なんだよね横目 

まっ生きらるものなら生きていて欲しいと心底願っているけど

ホント よくわからない

とりあえず、阿波踊り行ってきまーすバイバイ 

小さな奇跡

覚悟はしていたけど
実際に命の期限を聞かされると、目の前が真っ暗になるもんだ

どうしようもない悲しみが襲ってくる

7月から入院中のゴリちゃん ・・・
今月26日で76歳になる
「この日に死のうと思う!」と数日前にいきなりの予告
叔母と私はびっくり

「どうした?生きるのが辛くなったかぃ?」

「辛くないけど、飽きた!仕事ができないんだもん、つまらない!」

「そっかぁ どうして26日なん?」

「今までと体が違う、今までは頑張れば何とかなるかな~って思ったけど、昨日今日で完全にダメになったのが分かったから
ちょうど誕生日で終わりにしたい」

「そっか、お母さんがそうに言うなら、そうなのかもね
じゃっ!お兄ちゃんに迎えに来てもらおうね」

「ともゆきが迎えに来てくれるんかね♪ あ~うれしぃ」

「うん、お兄ちゃんはあの世で大出世して、もの凄い綺麗な姿で
お母さんを迎えに来るよ、夢に見たから間違いない
あの姿をみたら、お母さん喜んで着いて行くと思う♪
そしたら振り返らないで 行くんだよ」

「わかった! 楽しみ~」

「でもさ!あたし お盆は阿波踊りに行くからさ、そのあと葬式ってのも
忙しいから、9月まで頑張ってくれると、あたし楽なんだけど、どうよ?」

「ん~~~ 頑張ってみるけど、約束はできないな」

 

泣き笑いの会話だった 

その後 主治医の先生に呼ばれて話を聞いた
もってあと1、2か月
腫瘍が呼吸を止めてしまうらしい

話を聞きながら
あ~ 奇跡なんておきなかったな・・・と心の声

そう思った直後、先生がこんな事を言った
でもね、娘さん! お母さんの今の状態で、全くボケもなく
痛みがないのは奇跡なんですよ
もう脳全体が腫れあがって隙間がなく、シワものびてしまっている状態でね、普通なら完全に認知の症状がでて、痛みが半端ないはずなんですよ!こんな人見たことないです。奇跡ですよ

この言葉を聞いた時
あ~ やっぱり奇跡はおこっていたんだ 
そうだね!まだしっかりしていて、痛みがないと言う事
本当にありがたい 祈り 

このまま痛み知らずで、お兄ちゃんにバトンタッチできる事だけを祈ろう

突然ね急に怖くなって涙がでる時があるけど
それは仕方ない事だよね
だって、大好きな母親の命が終わろうとしているんだもん
そりゃぁ 怖いよ 

そんな時は我慢しないで泣いちゃおうと決めた

でも、私は元気ですよん
仕事も戻ってきてから 楽しくしてる 

今日も一日頑張ろう!!

ちいさな奇跡が続きますように・・・ 

ゴリゴリちゃん

今月3日に群馬に戻り、入院しているごりに会った瞬間、とても衝撃をうけた
顔つき、特に目が全く違う 別人
内心「もうダメじゃん・・・ごり 」そんな心境だった
入院先の院長から、水頭症になっている事と、腫瘍が悪性の可能性が高いと言う事を聞かされた

外泊許可をもらい、家に連れて帰る
ほとんど歩けない 手もあまり使えない
普通に話していて、急に私の事を「すみませんが、どちら様ですか?」
これには、本当に参った 
「わからないの?」
「はい、すみません ちょっと解らないんです」
涙が出そうになった

すぐに「あっ娘に電話して聞いてみますね!娘ならわかるかも♪」

私の携帯がなる 目の前のごりがかけている
その瞬間

「あっ!それ♪あたしがかけてるから、出なくていいよ♪」

(*'▽') 涙が出そうだったけど、笑ってしまった


こんなやりとりが二日間続いた
歩けないごり、トイレが間に合わないごり、
スイッチがオンになったりオフになったり
1人で横になる事も、起き上がる事も困難で大変だったー 

でも、水頭症の手術後から
認知、失禁は治った
使えなかった手も普通に使えて、メールもできる
ただ歩行が思うようではない
これは、もとの腫瘍が原因なので、仕方ない
悪性と疑われていた腫瘍も問題なく、良性との事で
一安心 

術後の経過がかなり良いので、リハビリ専門の病院に
転院するみたい
大学病院ではごりが元気すぎなんだね(笑)

昨日、ごりは丸坊主になりました
手術で髪を剃ったから、あまりにも中途半端だったからね
叔母から坊主頭の写メが送られてきて爆笑してしまった
ブログにアップしちゃおうかと思ったけど
やめておく( 一一)
どんな感じかというと・・・・・・・
そうそう ガリガリ君かな♪

だから、ごりごりちゃんってとこか♪

 

手術直後の写真ならいいか! ボロボロだけど 
真ん中の黒い部分が縫い目

手術
こんな髪でいるより、坊主の方がいいっしょ 
頭の形がいいし 小さいから可愛い
既に、ターバンと帽子は買ってあげたけど
そのうちに、外出用にお洒落な帽子とかが必要になるね 
楽しいなバニーガール 

とにかく、よかった 今はそれだけ(*^^*)

ゴリ(母)の生きる道

毎日、起きているうちいっぱい、ずっと考えている・・・ごり(おかん) の事
ダーリンはすこぶる快調で仕事復帰したので、とりあえずおいとく 

ごりの脳腫瘍、良性だから命に別状ない
でも、場所が悪すぎて 手術できない 放射線治療も効かない
小さい頭の中に3センチ超えの腫瘍
平衡感覚を司る場所にある為に、歩行が困難
長大でセカンドオピニオンを受けたけど、群大と全く同じ所見だった
結局、このままって事

はじめは元気だったごりも 最近はめっきり病人らしくなってしまった
それでも、なんとか仕事を続けている
左手の握力がおちてきたので、パーマのお客様はお断り
75歳だから、仕事なんてしなくてもいいと思うかもしれないけれど
仕事以外、他にな~んの趣味もない
今は一人で庭にさえ出られない。
そんな体でも、長年毎日してきた事は、なんとかできちゃうもので
お客様も今のごりの状況を理解して、ご来店してくれる
本当に本当にありがたい祈り 

今まで、病気一つしたことがない
毎日がのんきで悩みなんて全くない
自由好き勝手に羨ましい程元気に楽しい毎日を過ごしてきたごり

そんなんだから、今の自分を受け入れられずにいる

こんなに弱い母親を見るのははじめてで
私も苦しかった  長崎と群馬だし・・・遠い
何とかしてあげたい!病気に負けない心を取り戻さなければ!
と、ここ一ヶ月ごりに必要な事は何なのか?その事しか頭になかった

結局は運動不足、全身の筋肉が一気に落ちてしまった
だから、リハビリしかない 
ごりは何でも私のいう事は聞き入れてくれるし、実践する
それは まぁ ありがたいんだけどぉ
ただ運動をする癖がないから、続かない 

リハビリをしないごりにイラついて、毎日電話で説教じみた事しか言わなくなった私
どうーしてできないの?
一日たった5分程の運動がなぜ?

・・・・・・・できないよね
だって、体が思うようじゃないんだもんね
怒ってごめん 

なってみなくては、苦しみはわからない 反省した

私はごりが車椅子生活になっては困る、ボケたら困ると焦っていたんだね・・・本当にごめん
今のごりを受け入れられなったのは私の方だったのかもしれない


先日、75歳の常連さんに言われた
我々の年になると、人のいう事や若い人の言葉は、もう聞き入れられないのよ!頭ではわかっているけど、若い時とは違うけん。
お母さんの事は もうほっとかんね!お母さんの人生やけん
自分で決めるでしょ、頑張る力があるなら道はひらけるし、もうその力が残ってなければ、ボケるのも人生。あなたはあなたの人生を生きればよか!一生懸命長崎で頑張ってきて、今を築いたんだから、あなたは自分の暮らしだけを考えればよか!第一お母さんは一人じゃないでしょう
。今まで人が羨む程の自由だったんだし、あなたはできる限りの事だけしてあげれば十分、お母さんの人生やけん、自分で決めるでしょ

この言葉に救われた祈り 

そうだ!その通りだ!
私がどんなに気をもんでも、ごりの筋肉を作ってあげる事はできない
心配すればするほど自分にストレスがかかるだけ

もうごりの好きなようにさせよう もう怒らない
これからのごりの生きる道がどうなるのか 見守ろう 
できる限りの事はもちろんしていく 

来月、ごりに会いに群馬に戻るの♪ 楽しみです(^^)/

ゼロ磁場

 10年前に一度、友人と訪れた事がある長野県の分杭峠【ゼロ磁場】
今はパワースポットとして とても人気

ここの説明は難しいから、興味のある人はこちらhttp://bungui.fineup.net/

超簡単に言うと、地球上のN極とS極がぶつかりあって、壮大なパワーを生み出している場所
宗教的なパワースポットなどとは全く違うので開運、金運などを願って行くのなら間違い。

自然の「氣」により、体の治癒力がアップする・・・そんなとこかなぁ~
ちょっと違うかな~ まぁいいっか♪


私、それまで「氣」というものが、本当に存在するのか、信じていなかった。
インチキっぽいでしょ 
今でも「スピリチュアル」という言葉には疑問を持っているしね 

でも、10年前のゼロ磁場での体験が、「氣」というものが存在すること
分杭峠という場所が、本物だという事を知った
唯一信じられるパワースポットだと断言できる 

サロンには、オープン時からゼロ磁場の写真が飾ってある
マッサージ部屋にはゼロ磁場の小川で拾った石を置いている
お守りだ♪

で、今回群馬に戻った時、ごりを連れて行くと決めていた

19日朝6時 
助手席にはごり、後部座席には二人の叔母を乗せ出発 

ゼロ磁場は足場がひどく悪い、とても危険
雨なら中止だったけど、この日は願ってもないほどの上天気

高速使っても遠回りになるだけなので下道を行く
家→富岡→佐久 長野県に入る 諏訪方面を目指す
よくドライブで通った馴染みの道だ
女神湖→白樺湖 めちゃめちゃ景色がいい 新緑が美しい 
叔母二人は感動しきり
神様に感謝しながら運転した 

約3時間40分 目的地到着
前は現地まで、車で行けたけど
今は規制されていて、現地にはシャトルバスで移動

さーさーゼロ磁場っす 
10年前とは、だ~いぶ違ってるじゃん あちこち整備されてキレイになってた

でも、氣場までの道は前よりも険しく危険
ごりの足では完全無理な道  でもここはゼロ磁場 
頑張って歩かせた
 
氣場は前よりも狭く、急斜面  台風などで崩れたんだろうね
ここに座り、ただ呼吸するだけ
160518_104055.jpg  
ここの空気が素晴らしいのなんのって
「氣」も凄いけど、マイナスイオンがいっぱい 

20分程いたのかな、シャトルバスの時間が少ないから
早めだけど、きりあげた

帰り道のごりの足、スイスイと歩いている
来たときより、全然楽そう 

それから、諏訪湖をドライブ→軽井沢の旧軽井沢銀座を散策

160518_153502.jpg
楽しかった♪

夕方5時に家に着いた

ごりは時間の経過と共にどんどん元気になっていく

ベリー長崎に帰る前夜のメニュー
ゼロ磁場効果でステーキいけちゃうかも と思い、
ごりが以前 食べていた結構ボリューミーなでかさのステーキを焼いてあげた♪

祈りながら ニンニクチップをつくり、ステーキを焼く

美味しく食べられるかな・・・

ステーキを目にしたごりちゃん
爆食いでした 
それは何ヶ月ぶりかに見る、口いっぱいに頬張って食べる
まさに「ごり」 

そうよーこれがごりちゃんよ~~~ 

サラダもお刺身も完食 
初日はノンストップだったけど時間をかけて、完食だったのに対し
この日は わずか10分程で完食

朝、目覚めると ごりちゃん 杖無しで歩けるという
外で庭のお花達にお水をあげているではないか

すごっ 

波うってないの?大丈夫なの?

うん♪ゼロ磁場って ほんとに凄いね!うんと楽だよ 

よかった!行った甲斐があった
この効果はずっとは続かない 
それでも食べ物の味がわかったり
楽に歩けたり 少しの間でも楽になれれば、それだけで十分

本当はゼロ磁場に通えれば、腫瘍も小さくなると思うんだけどね
とにかく遠いから、お他人様にはお願いできない

ゼロ磁場から今日で1週間
ごりの状態は 食欲はマァマァ 歩くのに、また波が出始めたらしい
でも、以前よりは全然楽だという

今日も元気に仕事だけはしている 
そう、この人 入院以外ずっと毎日仕事してる
私がいた時も朝7時から仕事してた!頑張るよねぇ

7月、またゼロ磁場に行けたらいいな♪

はっ!群馬には「縁切り寺」もあった祈り  
ここにも前にお世話になったんだった!効果あったし 
そこも気になる~(笑)

でも、皆さんからのパワーが一番効いてるのだと思います
その沢山のパワーがゼロ磁場で力を発揮したんだと思ってます
本当に本当にありがとうございます 

 

ゴリの診断結果

あっという間に時間が過ぎていく
群馬のごり(おかん)が脳腫瘍と診断されて2ヶ月

先日、また群馬に行って担当の先生の話を聞いてきた

の前に、一ヶ月ぶりのごりちゃんは、痩せてた
3週間程で6㎏痩せたらしい
食べられなくて、苦しんでいた事が想像できた 

でもね・・・

痩せてキレイになった 若くなった 
おかしいよね、やつれた感じがない、病人には見えない
上手にダイエット成功しちゃいましたーバニーガール ってな感じにしか見えない
お客様にも「痩せてキレイになったね】と言われてるらしい
不思議なおばはんよ( 一一)

相変わらず、症状は歩けない事と食欲不振、匂いがわからない、味がしないって!
何とか、美味しいと言わせたい
その夜、高級な松坂牛の焼肉、中トロのお刺身、グリーンサラダ、冷奴
祈るような気持ちで食卓に並べた

ごりの目が嬉しそう「こんなに食べられないよ、残したらごめんね 

そう言い、食べ始めた・・・・・・・・
焼肉をサンチュでまき、ベリー手作りの焼肉のタレにつけて一口
ん~~~ うまい~~~ 」叫ぶごり
この後のごり ノンストップで全て完食 

本当にコイツ食べられなかったのか ?と疑う程だ

次の朝も普通に食べ、お昼はピザ屋さんで少な目だけど、しっかり食べる事ができた!
ごりも自分の食欲に驚いていたよ(笑)

で 本題 

先生との今後の治療方針についての話し合い

やっぱり、腫瘍の場所が悪すぎて手術は危険すぎる
手術で腫瘍を取り除く事ができても、今より良くなる事はなく
何らかの後遺症は絶対避けられない

先生が「もし、わたしの母がごりちゃんと同じ状態だったら、わたしは外科医だけど、絶対に手術はさせません」と、言い切った

今のごりが 仕事がちゃんとできる事!これが一番大事だと先生は言う
生きる為の手術なのか、生活する為の手術なのか
生活する為の手術なら必要ない
手術したら、今の生活はできなくなる・・・

ごりははじめから開頭手術は完全拒否だった
話を聞けば聞くほど、手術はしません って

今回の事で、沢山の人から
神の手を持つスーパードクターや、病院など教えて頂いた 
ある人は、とても有名なドクターの秘書に話を通してくれて
あとは、日にちが決まったら切るだけ!!という事まで決めて頂いたりと。

皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです 本当にありがとう 

でも結局 主治医と話し合った末、私とごりが選んだ道は
このまま・・・経過観察・・・だけど 

どうしてもガンマナイフ治療が諦められない
その事を先生に話したら

ごりの場合ガンマナイフが全く効かないかもしれないけど
何もしないよりは、いいかも!という事で
先生一押しの日本で5本の指に入るという、ガンマナイフ専門医を紹介してくれるという
予約までとってくれるというではないか

また7月にその病院に行ってきます 

毎日、呪文のように頭の中で繰り返す言葉
この腫瘍ならガンマナイフでいけそうですよ!しましょう 
会った事のない先生の言葉を想像してる(笑)
願いは叶う 絶対に 

そして、今回群馬に帰った時、ごりちゃんをある場所に連れて行った

 

そしたら・・・・・・・驚くことが ・・・・・・・続く(^_-)-☆

群馬へ・・・Ⅱ

 10年ぶりの高崎駅で、浦島太郎状態のベリー
口がポカーンと開きっぱなしびっくり 

時刻は夕方5時
予約してあるレンタカー屋まで、徒歩5分
場所は 家に帰る道路沿いにあるから、楽勝だと思っていた
駅の西口にまわり、レンタカー目指して歩き出す

トコトコ?トコトコ?トコトコ?こんな方まで マンションやらお店やらびっくり 

あっら~

ぎょえ~~~(゚Д゚;)  プチ迷子状態
ありえん!ありえん!

あんな簡単な道路だったのに、解んなくなっちゃった

結局、散歩中のおじさんに道を尋ねて
レンタカー屋さんに着いたのは5:25  いやぁ参った参った 

そこからは順調、レンタカーで家まで10分ちょい

運転しながら、ごりの状態が急に気になりだした
元気なごりしか見たことがないから、急に不安になった
ヨボヨボで痩せていたらどうしよう

家に到着 心臓が破裂しそうな程ドキドキ

広い庭がお花でいっぱい 

玄関を開けてみる

ん~~~古い家だ 

ごりが元気に「はい!お疲れさん」と♪

ありゃ( 一一) とても元気で肌もツヤツヤ 
とても75歳の脳腫瘍患者には見えない
普通に歩いてるし
 
大丈夫なん?

うん さっきまで仕事してたし♪

あまりの普通っぽさに、半分しらけてしまう程だった
部屋に入り、すぐお仏壇に向かい手を合わせる祈り 

父親と兄のお位牌を見た瞬間
涙がどーっと 
抑えきれない思いがあふれ出した!まるで噴火
大声で泣いた 
さんざん泣き散らかして、すっきりしたベリー

落ち着いて、ごりに詳しく症状を聞く
歩かせてみる

ん~~~見た目とか、座って話しているぶんには、まったく
正常
歩行がダメかな

平衡感覚をつかさどる小脳を腫瘍が圧迫しているんだって

明日19日が大学病院での検査結果
悪性が良性かがハッキリする

今更、騒いでも仕方がないね と、お互いで悟りあう
とりあえず、毎日食事を運んでくれている叔母様にご挨拶に行きましょ

ごりを車に乗せて、叔母の家に

10年ぶりにあう叔母達
ごり方の親戚はとっても仲良し、普通に仲がいんじゃなく
すごく、本当に楽しい
今回、叔母達、いとこ達に会えるのも とても楽しみだった 

叔母には、今回の事でごりが大変お世話になってる
叔母達も71、73、77歳になる 
この先、ごりが悪化すれば 看きれないだろう
もう、ごりを長崎に連れて帰ろうと思っていた

そんな気持ちで叔母とご対面exclamation 

叔母が泣き出した
「お願いだから ごりちゃんを長崎に連れて行かないでー 」

仲良し4姉妹
どんな状態になろうが、自分達で看るから、連れて行くなという
嬉しかった
実際、長崎に連れてきても
ごりには寂しい思いをさせてしまうからね
でも、娘として親の面倒はみたいし、何しろ叔母達に迷惑かけてはいけない!!そう思っていた

なので、叔母の言葉は本当にありがたかった 
任せよう・・・
そして、叔母達が疲れた時、長崎に連れて来よう・・・

もう時間も夜の9時
ケンチキをドライブスルーでゲットして
家でごりと乾杯 

明日の検査結果の最悪の答えがでた時のシュミレーションなどしながら
時間が過ぎていった。

7年ぶりの我が家での就寝 


・・・・・・・・・・・・(>_<)

 

ぜーんぜんっ眠れませんでした


いよいよ19日 検査結果の日がきちゃったよ いざ出陣

群馬へ・・・Ⅰ

なんだか、とても久しぶりな気がするブログ・・・

あまりにもいろいろあり過ぎて、脳をフル回転で働かせていた4月
やっと、少し心が落ち着いた・・・

3月31日に ゴリ(おかん)からダーリンに電話があった
私のショックを考えて、ダーリンを選んだんだろうねぇ

電話の内容は簡単に言うと
「脳腫瘍」になったということだ

聞いた時は、頭が真っ白になり、3時間程時間が止まってしまった
何も手につかない、怖くてごりに電話もできない 

それでも、頑張って電話をしてみた
ごりの声は元気だけど、無理してるみたい
症状として、歩けないとの事だった
そして、腫瘍の場所が最悪で手術は無理だと

2月にあった時は、元気よく走っていたごり
今は杖なしでは、歩けない
平衡感覚がマヒしているせいだ
可哀想すぎて、胸がつまった 

すぐに駆け付けようとしたけど、ごりに断られた
ごりの姉妹が毎日、ごりの面倒を見てくれているし
こんな状態でも仕事(美容師)をしているという
検査結果の日はお願い!との事だった
もどかしかった 長崎と群馬の距離を改めて感じて辛かった 

落ち込むベリーにダーリンが
とりあえずお風呂に入ってみな!落ち着くから!と。

風呂なんて、どうでもよかった
でも、一人になりたかったからお風呂に入った
その瞬間 涙が出た
しくしく泣いた 

涙が止まったあと
お風呂に浸りながら考えた

ん?待てよ!!あんなに自由奔放に生きてきた女が
脳腫瘍なんて上品な病になるものなのか・・・
なんかの間違いなんじゃないか・・・ 

 

ん 間違いだな!あいつが脳腫瘍で死ぬタマじゃない 

 

あっさりしたもんで、そう思ったら 楽になってしまったベリー
結局心配したのは3時間だけだった
お風呂の力って凄いよぉ

悲しんでいる時間はない こうしちゃおれん
いろいろ調べなければ 

脳腫瘍について、悪性だったら 良性だったら 
検査結果の日まで 頭がパンクするほど 調べた
何も知らないでは病院側とも病気とも戦えないじゃん

検査結果に立ち会うため 群馬に戻ったのが4月18日
群馬は7年ぶりだけど
一人で飛行機で帰ったのは10年ぶり

羽田空港から群馬行の高速バスに乗り、バスが発車した瞬間
涙があふれ出した 
涙が全然止まらない、ごりの事が心配とかの涙ではない
長崎での10年間が走馬灯のように・・・辛かった事とかが次から次へ
自分の身も心もボロボロに感じた、10年の疲れが一気にきた感じ

涙と体の悲鳴にびっくりして、どうしていいか解らず
親友二人にメールをした 二人は優しかった 

高速バスからの風景 高崎に着くまで飽きる事がなかった
懐かしい・・・

高崎駅に到着 10年ぶりだね 

高崎駅はあまりにも変わっていて、浦島太郎状態のベリーだった

このホコリっぽさ  そうそうこれが群馬
やっと帰って来ましたよ わたし 

今日はこのへんにしときましょ。。。

ゴリとベリーの秋休み

ダーリンが福岡で3日間「足圧」の勉強会だったので

群馬からゴリ(おかん)を呼んだ 

朝9時に大村空港で合流 夏以来ね♪

お天気が凄くいい 

そのままドライブに突入した 向かったのは「由布院」
ゴリは行った事がなく 一度連れて行きたいとおもっていた

やまなみハイウェィはいつ来てもいいねぇ
今の時期は辺り一面にススキがフワフワしていて可愛い 
141028_152653.jpg

由布院は平日なのに 人がいっぱい 紅葉はまだ早かった

前、ダーリンと来た時は 混み過ぎて疲れてしまい
ろくに見る事なく帰って来てしまった 



今回、ゴリと金鱗湖までキョロキョロ楽しみながらゆっくり歩いた
H26 10月28日由布院


金鱗湖の畔にあるお蕎麦屋さん すんごく美味しかった 
ゴリちゃん とても御機嫌で どこでも試食をパクパク
お土産やさんに入り10秒程で振り返ると もう口がモグモグしていた!
早っ(笑)

こうして胃袋を一杯にして、ミルキーが待つ我が家に向かった

夜は、「しゃぶしゃぶ」を用意してあげた
ベリーお肉10枚 ゴリお肉18枚・・・・・・・73歳のゴリ 頼もしい 


こうして 秋の休日の一日目が終わったとさ(o^-^o) 

ゴリとベリーの夏休み

群馬で一人暮らしのおかん‘ゴリ’と過ごした今年の夏休み日記でございます



8月13日(水)くもり 
長崎・大村空港 9時 ゴリ登場 
相変わらずゴリラに似てる 少しお洒落してた
とても元気そう・・・おバカそう(笑)
車に乗せたら、弾丸トークでしゃべりまくってくれた・・・私はというと
へ~」と「そ~んなんだ」しかしゃべらせてもらえず すごいなゴリ
小長井漁協と鹿島の道の駅で食材探し
さざえ」をゲットした 夜にエスカルゴ風にしてあげた


8月14日(木)豪雨 のちくもり 
ほっとけば どんだけでも寝るゴリ・・・
悪天候だから遠出は諦め、近場をドライブしながら昼間は過ごした
夜 雨があがったから呑みに出かけた 
もちろん「旬彩 こころ」 今回も全て満足のお料理だった

いつもなら、これで帰るんだけど
今回は♪ダーリンがお勉強で滋賀県に行っていて留守なので
急いで帰る必要がない 
カラオケいこっか 」ってな事になり、2時間カラオケボックスで盛り上がる 


73歳のゴリは美空ひばり 46歳のベリーはユーミン 二人とも熱唱しました 


8月15日(金)くもったり 、雨だったり
ゆっくり起きる ゴリと甲子園を見ながらダラダラ過ごす
こんなマッタリした時間は何年ぶりだろう・・・
夕方になり、髪をカットしてもらった
ゴリは現役の美容師・・・・・バッサリとショートカットにしてもらった。
この後、長崎の伝統行事 精霊流しを見に出かけた
毎年8月15日に行われるこの行事 爆竹や花火の音がハンパない!
一度見たら、二度と行かない・・・と聞かされていた
なら、見る必要ないじゃん と、心の中で思っていたんだけどね

これが、どうして、どして  
めっちゃ感動したー 精霊舟から発する故人の気を感じて涙があふれたよ 
ゴリも、来て良かったね 長崎は凄いねぇ と感動してた!


8月16日(土)くもり
昼間、新大工商店街と浜ん町アーケードをぶらつく
ダーリンが帰って来るから、食材探し。ゴリはお洋服をゲット 
夕方、ダーリンを空港に迎えに行く
夜、3人でご苦労様会 

8月17日(日)晴れ
ゴリ、群馬に帰る日 朝一番の飛行機だ
5時半に起きて玄米おにぎりを4個作った
予定では2個がゴリ、残り2個がお留守番のダーリン・・・のはずだった
起きてきたゴリに
玄米のおにぎり作ったけど 4個あるけど 何個持ってく?
4個全部ちょうだい 」速答だった
大村空港に着き ゴリは元気一杯の笑顔で帰って行った 



こうして、4泊5日のベリ・ゴリの夏休みは 
神様から頂いた楽しく、優しい時間でした  

イルカと邑居

お盆にゴリ(おかん)と阿波踊り&京都の旅で楽しんだばかりだけど


9月にダーリンが東京に勉強に行って留守の間
また群馬からゴリを呼び出した 2泊3日ね

せっかくだから、どこかに連れて行こう・・・

天気も素晴らしくイイ
ゴリも海が大好き 船に乗るのも好き

ならば、前から行ってみたかった「イルカウォッチング」に決定

朝電話で様子を聞いた 平日だし当日予約でも大丈夫だった
かづさイルカウォッチングは家から約2時間ちょっと
小浜温泉から20分程行くと到着

救命胴衣を着て、いざ出発

目的地までの船のスピードと景色が爽快
イルカに会えなくても これだけで十分な程だ

ゴリちゃんご満悦 
イルカ


現れたイルカの大群


キャー  ホントにいるんだぁ~ 

野生のイルカ かっわい~ 
チビイルカもパパ、ママと一緒に泳いでいて、超かっわいぃ

こんな近くで見れるなんて 感動

満足度120パーセントね

帰りは大好きな【邑居】により 流しそうめんを楽しんだ
唐揚げを注文したんだけど、食べきれずにお持ち帰りした

イルカウォッチングはいいよ♪ うん!いい(o^-^o) 

ゴリ&ベリーin京都Ⅱ

群馬に住むゴリ(おかん)と長崎に住む娘ベリーとの

夏の仲良し親子旅行

徳島の阿波踊りから京都の鈴虫寺 ここまでは完璧 
ホテルにチェックインしてから、温泉で汗を流し
休む間も無くタクシーに乗り込む
「出町柳駅お願いします」

この駅は忘れない・・・高校時代の弓道部顧問の先生と親友二人とで
訪れた事のある駅だ
あの事は、鞍馬寺に行ったんだよね もう20年前の話

今回は貴船の川床 
夏の京都の風物詩ってもんかな

タクシーの運転手に聞く
「出町柳商店街って、とこに出町ふたばという豆大福のお店があるっていうんですけれど~あるんですか?」

「出町ふたば言うたら それはもう有名ですわ
いつもはこの時間なら もう売れきれてお店は閉まっておりますけど、
今日はお盆あらっしゃいます~ まだ営業されてますやろ~
是非 行かれたらよろし~ 」

と、いう事でまん前で降ろされた


夕方なのに並んでる・・・


ホントに凄かったよ 並んじゃった 


豆大福を二つだけ買って、出町柳駅から叡山電鉄に乗って
貴船に向かった

心臓ドキドキやねん 「川床デビュー」
夏の京都言うたら、貴船の川床でっしゃろ~~~~~~~~

貴船口には料理屋さんの車がお迎えに来ていた


川の上に作らた床 
予想以上に感激した

今回お世話になったのは「貴船茶屋」
口コミや若おかみのブログが決め手となった

間違いなかった 大満足
神水と言われる 川の水に足をつけてみる
しびれる程の冷たさにびっくり 猛暑だということを忘れる
ここは別世界だ 



念願だった川床とその料理を堪能して まだ夜の8時半 
まだまだ夜はこれからよん

夜の祇園でブラブラする 少し酔っ払いだから気持ちもいい♪

でもやっぱり、旅の終わりは先斗町

名前は覚えていないけど 外のメニューにひかれてBARに寄ってみた
そこで とてもショックな事が 
和服のママが
「親子はんでっしゃろぉ よく似てはりますぅ 」

( ̄▽ ̄;)!!ガーン
まじっすかっ マジでショック・・・・・・・今でもショックやねん

ゴリラ化したおかんにおいらがよう似てるやって
酔いが一気にさめてしまった(T_T)

はぁ マジで・・・・・(T_T) 
とりあえず 乾杯やねん   やっべ  超ウマっ♪
 

夜はどんどん更けていった

ホテルに隣接しているコンビニにより お酒と食べ物を買って
部屋に戻る

夕方買った豆大福と焼き鳥で また乾杯
 

ながーい なんが~い 一日が終わった


寝る前にゴリが言った
「あたし、最近年とっちゃったから 朝が早いんだよね
4時半には起きちゃうけど、静かにしているから気にしないで寝ててね」


4時半・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5時・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ーー;)

5時半・・・・・・・・・・・・・・・・^_^;

6時・・・・・6時半・・・・( ..)
横でガーガー寝ているチビゴリラの顔を見ながら

「どの口があんな事いったんだぁ~ 」


結局4時半に起きたのはの私の方だ

まぁね 日ごろ一人で寝ているのと違って私が居る事で
安心して爆睡したんだろうね
寿命が一日のびたかな 


いよいよ帰る日!
ラッキーにも清水寺の千日参りも行けて
1000日はいいかも 


最後の最後に大好きな錦市場をぶらつく 天国さバニーガール 

さ さ 時間! 帰る時間

京都から新快速に乗って神戸空港へ向か
そして 神戸空港からそれぞれの生活の場に戻っていった

長崎空港に着くと お留守番を頑張ったダーリンが待っていた
ゴリには高崎で伯母(ゴリの妹)が待っていた

皆さんお疲れ様  ありがとう 幸せです 


ゴリ&ベリーin京都Ⅰ

徳島の阿波踊りに感動した次の日は京都へ向かう

徳島駅→京都駅行きの高速バスで約3時間
朝7時出発
車中、朝食代わりに徳島名物の「焼ちくわ」を仲良く食べる

ベリー1本、ゴリ2本

すだち入りで超おいしい 


予定通りお昼に京都駅に着いた  渋滞はほんのちょびっとだけだった


夏の京都は暑いのなんのって 
休む間もなく、JRで嵐山に向かう

ゴリが美空ひばり記念館に行きたいと言っていたから
今回の京都旅行は これがメインだった

あ~~~なのに せっかく行ったのに・・・・・閉館してるじゃない 

下調べしておけばよかった
6月いっぱいで閉めたんだって、横浜に移ったらしい

それならば こうしちゃおられん!
すぐにタクシーをつかまえて、次に向かうはベリーが行きたかった
鈴虫寺
嵐山から車で10分ちょっとの所にある

ひばりちゃんファンのゴリに付き合って嵐山まで行くのなら
その近辺にイイお寺か神社がないかなぁ?と
京都の本をめくっていて、ふと光がさしたのが鈴虫寺

調べてみたら、和尚さんのお説法がユニークだという事と
ひとつだけ願いが叶う という所に惹かれて、
時間があったら、行こう!と決めていた

着いてビックリ(@_@;)

もの凄い暑さの中、長蛇の列 
人気のお寺とは聞いていたけど・・・本当に人気なのねぇ 知らんかったぁ 

並ぶ事が大嫌いなベリー、今まで順番待ちで並んだ事なんてない

迷ったけど、最後尾の女性がお一人様で、とても雰囲気が良いお人
ずっと、この可愛い女性と話しをしながら、ひたすら順番を待った

彼女のお陰で、待ち時間も楽しかった 
ゴリと二人だけだったら、途中で断念していたと思う 感謝だねぇ 

お茶とお茶菓子を頂きながら、和尚さんのお説法を聞く 
7000羽の鈴虫も元気に鳴いている、目の前だ

人の話を大人しく聞くのが大嫌いな、困ったベリーだけど
和尚さんがとても面白い
でも、言葉は全て心に響くもので当たり前の事を話しているんだけど、
とても大事な話ばかりだった 

お願い事は、迷わず【母親の健康】と決まっていたけど
和尚さんの話を聞きながら、な~んか違う・・・・・と気付いた

話が終わり、お地蔵様にお参りする時は全然違う願い事に変わっていた
自分で自分にビックリした 

きっと願いは叶う  その時は お礼参りしなくちゃだ

今までは京都の寺院では鞍馬寺が一番好きだったんだけど
今回の鈴虫寺はかなりポイントが高い 
早くダーリンを連れて行きたい 

MAYUMIさんと別れて、タクシーで京都駅に向かった2600円
JRとか地下鉄、バスは今回の旅行ではあまり利用しなかった
混雑は疲れるし、時間がもったいない、ゴリとの旅行だから少しリッチでもね♪

午後3時 ホテルにチェックイン
泊まるホテルは「ドーミーイン」 駅からあるいてすぐ
天然温泉だし綺麗だし、いう事無し!


温泉に浸かった後は、ちょいとお洒落 して 出発よー 

タクシーに乗り込む
出町柳駅までお願いします!

つづく。。。

ゴリ&ベリーin徳島


毎年ダーリンと行く徳島の阿波踊り
今年はゴリ(おかん)と行って来た♪

8月14、15、16日の2泊3日

ゴリは群馬(羽田)から神戸空港 ベリーは長崎から神戸空港
スカイマークにお世話になり 神戸空港で待ち合わせ

朝8時半頃 無事合流 
ポートライナーで三ノ宮駅に向かう 
ゴリちゃん超元気でどうでも言い事をしゃべりまくる

あっちゅー間に三ノ宮
そこらからは高速バスで徳島駅まで2時間

ラッキーにも一番前の席だったから、快適
しかも運転手さんが女性で美人さんだった♪

お昼に徳島に着く、お盆真っ只中だけど渋滞も無かった

今年も来ましたよ~阿波踊り 

選抜チームの踊りを見たゴリちゃん 感動して涙を浮かべていた
おいらも毎年 何度も胸が熱くなり涙がでる 

念願のゴリを連れて来れて、一緒に見れて 大きな夢が叶った 
 
演舞は夜10時半終了
 

この後 予約しておいたイタリアンで乾杯 
胃袋を満タンにして、ホテルに戻り すぐに就寝 つづく。。。

黒川温泉~阿蘇



ゴリ(おかん)が群馬から長崎に4日間来ていた

親孝行のドライブに出かけた! 2012年6月26日の事であ~る♪

天気予報が雨だったから、どこに行こうか直前まで迷った末に
今、一番ゴリをどこに連れて行きたいか、考えたら
やっぱかんざらしのお店 結だったので
雨でも、何でも行っちゃえって 決まり!
朝6時に家を出発、
この前のダーリンとのドライブの時と同じルートを辿った
空は灰色一色 重たい雲もびっしり 雨はもちろん降っている

助手席のゴリが、どっちでもいいような群馬であった事を
事細かく一生懸命 嬉しそうに話をする中
私は心の中で、真剣に神様にお願いした
「運転中はどんな雨でも、かまいません!歩く場所と絶景の場所だけは雨を止めてください
ゴリに見せてあげてください」

優しいわぁ ベリー(^^)v

由布院から降りて、やまなみハイウェイ 霧の中をひたすら走る
だんだん霧がはれてきた

見事な緑が飛び込んでくる あー神様ありがとう
ゴリ!首がもげてぶっ飛んでいくんじゃないか!と言う程
首をブルンブルン見回して、大喜び
まず、最初は夢の大吊橋 風がビュービューで寒かったけど、
見事な景色にゴリちゃんすごいねぇ~の連発


体が冷えきった後に向かうは黒川温泉ですよ~
今日も、たぶん散策していれば、お風呂に入りたくなるだろうと
バックにタオルを一枚だけ 準備をしておいた

黒川温泉に到着したのは、9時30分

ん?なんだ? この混み様は(・・?
平日なのに、こんな時間から車やら人がいっぱい・・・

歩いていたら、道の門に 案内人らしい人がいるじゃん
そこに、オバちゃんが
「どこのお風呂がオススメ?沢山あってわからないのよ」という言葉に

「どこのお風呂も素敵ですよ、今日は無料ですから 沢山入っていってください」

今の会話・・・なんすかぁε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

その案内人さんにどういう事なのか、聞いてみたら

6月26日はロテンブロの日で、毎年この一日だけは
黒川温泉全ての旅館のお風呂が無料で入れるんですよ

だって!


\(◎o◎)/!


な~んて、ラッキーなベリ・ゴリ!! すんごいなぁ~このタイミング

こうしちゃいられん 入らなくては!!

あのオッチャンみたいに、茹蛸状態になって タオルを頭に巻きたい!

前から興味のあった3軒のお風呂に入って来たよ
 
どの湯も雰囲気もさすが「黒川温泉」 お見事でした
あと、4箇所くらいは入りたかったけど、後の事を考えると我慢した


次に向ったのは 大観峰 ここもやっぱり凄かった
前回来た時に「ゴリに見せてあげたい!!」と強く思った場所だ
一か月しないで、思いが叶って よかったよん♪

そして、そして

阿蘇神社かんざらしの結

この日は、他にお客様も居なく、貸切状態

おばあちゃんの作るかんざらしは、ほっぺたが落ちてしまう程
美味しかった
ゴリも本当に感動していた

水基巡りも心が洗われる


そして、最後は 阿蘇山火口付近 迫力あったぁ!!
 

この景色を見ると、全ての源のように思えて
しっかり生きなければ!!という思いになる



今回も満足だったなぁ 
車から降りている時は全てイイお天気だったから、沢山歩けた

今回の走行距離560㎞!
結構頑張ったでしょ(^^)vでも全然疲れなかった

ゴリ・・・「こんな所まで連れてきてくれてありがとね

ベリ・・・「いんだよ、だって あんた死んじゃうだけじゃん

ゴリが驚いて声が出ない

「だってさ、確実に将来は死ぬじゃん!そういう年になってきたじゃん
だから、足腰が丈夫なうちは、何処にでも連れて行くよ

「そ~だな~~~ そうだよね~ 死んじゃうもんね~
じゃっよろしく

こんな会話でドライブが終了した

朝6時に出て、夜8時に到着 お疲れ様でした♪


毎年の6月26日は 仕事お休みにしま~す 黒川温泉っす(o^-^o) 
プロフィール

ベリー

Author:ベリー
海を見ながら生活したいと
2006年10月12日!
群馬県から長崎県へ移住
軍艦島を望む絶景のサロン
【癒しの空間 楽や】
スウェディッシュオイルトリートメントと足圧!一度体験してみてください

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ